常にお会いして、言葉を交わし、心で通じる、まさしくアナログ企業でありたい

ごあいさつ弊社は明治40年(1907年) 初代 野水平七により鉄鋼販売問屋に転向してから、おかげさまで100年を超えることができました。明治、大正、昭和の戦時下も経験し、三代目が会社を設立させ、四代目そして平成に入り五代目が現在に至っております。
混乱と激動の時代を、革新と共に生き抜いてきた歴代の経営陣の意志を受け継ぎ、
五代目として企業存続に更なる革新を続けていかなければなりません。

私たちの役割は「お客様と鉄鋼メーカーを繋ぐコーディネーターとして、お役立ちをすること」
また、「新たな商品、新たな需要、新たな商圏を創り上げること」が使命だと考えております。
その為に、多種多様な鋼材や設備を取扱い、お客様の声をいち早くキャッチできるように対応してまいります。

弊社では社員のスキルアップ、モチベーションアップも重要だと考えています。
効率が上がるよう社員一人一人に合わせた仕様の設備導入や、快適な会社生活を送れるようにと設計段階から
社員も加わった、拘り溢れる社屋を建設しました。
これら沢山の強みを活かし、世の中から必要とされる企業、社員であり続ける、それが私たちの思いです。

経営方針

売り手にも買い手にも、そして世間にも喜ばれる企業。それが私たちの基盤です。

  • 企業理念を通じ社員の幸せと企業の発展で社会に貢献する

    私たちは企業経営を通して意思統一を図り、同じ方向を向き一丸となることで、従業員満足、顧客満足、技術革新、社会貢献企業として認められ、永続性を培っていきます。

  • 「オンリーワン企業」を目指す

    私たちは常に挑戦する企業であり進化し続けていきます。
    社員の個性や想いを尊重し風通しの良い職場を作ることで、社員もモチベーションも上がり、独自性のある提案や企画ができると考えます。

  • 意思があるところには道が開ける~志は一つに~

    私たちは互いを思いやり、強い意志を持ち続けて行動します。
    業種に捉われずに様々なことに取り組み、常にアンテナを立てて市場変化にいち早く気付き、対応できるようにしています。

新潟県認定制度

ハッピーパートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)

男女がともに働きやすく、仕事と家庭生活等が両立できるよう職場環境を整えたり、女性労働者の育成・登録などに積極的に取り組む企業として、2015(平成27)年に新潟県より「ハッピーパートナー企業」として認定されました。

ハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)

イクメン応援宣言企業(新潟県男性育児休業等応援宣言企業)

育児休業等を取得しやすい職場環境の整備を図るため、男性労働者の育児休業等の取得促進に取り組み、その取組事例等を広く紹介する活動を通して、2017(平成29)年に新潟県より「イクメン応援宣言企業」として認定されました。

イクメン応援宣言企業(新潟県男性育児休業等応援宣言企業)

突然の不調でも安心!
私は妊娠中、体調が優れず業務に集中出来ない時がありました。そのような時は社内に完備している休憩室を利用する事で、急な体調不良の際も安心する事が出来ました。
この休憩室はハローキティ柄の壁紙で、床やイスがピンク色だったりと、可愛らしく暖かい印象の室内です。リラックスして過ごせるように作られた会社の気遣いが感じられます。
育児休暇後も無理なく復帰!
育児休暇後、勤務時間や業務内容に不安がありましたが、勤務時間の短縮や所属部署にて業務のオールマイティ体制を採用し、勤務時間が短い私でもしっかりと業務をこなせています。
その結果、仕事と育児を無理なく両立することが出来ていますし、「お蔭さま」の環境を作り、社員同士のコミュニケーションも以前より取れていると感じています。
仕事も家庭も充実ライフ!
仕事と家庭を両立する上で、子供の学校行事や保護者会などに参加出来るかが一番不安でした。
しかし積極的に休暇を取得出来る環境のおかげで、仕事と家庭の時間にメリハリがつき、心に余裕を持つことが出来ました。
以前よりも子供と過ごす時間も増え、仕事も家庭も充実した生活を送れています。

会社名 株式会社 野水鋼鐵店
業種 特殊鋼、表面処理鋼板、普通鋼、ステンレス等の素材販売、
加工販売
創業 明治40年(1907年) 6月
設立 昭和26年(1951年) 5月
所在地
本社工場及び第2倉庫
〒955-0002 新潟県三条市柳川新田982
TEL 0256-38-2241 FAX 0256-38-7722
第3倉庫
〒955-0097 新潟県三条市荻島字代官島655-1
役員
代表取締役
武田恒夫
常勤取締役
武田水江
非常勤取締役
樋口友夫
非常勤監査役
武田雄司
従業員 25名
資本金 1,000万円
取扱メーカー 日新製鋼(株) JFEスチール(株) 新日鐵住金(株)
東京製鐵(株) 愛知製鋼(株) 新関西製鐵(株) 他
取引先 三井物産スチール(株) 日本鉄板(株)
伊藤忠丸紅テクノスチール(株) (株)天彦産業 他450社
関連会社 (株)天彦産業 (大阪)
所属団体 三条商工会議所 三条商鉄組合
取引銀行 三条信用金庫 (本店)  第四銀行 (三条北支店)

1907年 初代、野水平七金物問屋より鉄鋼販売問屋に転向。 個人事業として 野水平七商店を開業
1911年 野水平七、逝去に依り二代目 野水新資 後を継ぐ
1929年 野水新資逝去に依り三代目 野水敬次郎 後を継ぐ
1942年 戦時下の為、鉄鋼統制令後、移動禁止令に依り、昭和22年まで休業する
1947年 再度開業、商号 野水鋼鐵店に改名
1951年 事業拡張と共に、5月1日 株式会社に組織を改組
株式会社 野水鋼鐵店を設立
代表取締役に 野水敬次郎就任 資本金 100万円
1960年 業務拡大に依り 資本金 200万円に増資
同地内に150坪買収、建物100坪 増築
   合計敷地   250坪
     建物   180坪
1966年 野水敬次郎逝去に依り、代表取締役 野水静江 就任
日新製鋼(株) 特約店になる
1970年 野水静江 引退 、四代目 野水慎一 代表取締役に就任
資本金 400万円に増資
1975年 業務拡張に依り、八幡小路地内を売却
現所在地に土地2,000平方メートル買収
建物1,155平方メートル新築移転
資本金 1,000万円に増資
1985年 現所在地に建物413平方メートル増築
1987年 相澤グランドシャーリング導入
1989年 アマダ製 逆板押さえシャーリング導入 (第一号機)
1994年 アマダ製 逆板押さえシャーリング導入 (第二号機)
1997年 スケヤシャーリング導入
1998年 セミオートシャーリング導入
1999年 アマダ製 逆板押さえシャーリング導入 (第三号機)
2001年 アマダ製 逆板押さえシャーリング導入 (第四号機)
2002年 コンピューター導入により、事務の効率化を図る
2002年 代表取締役 野水慎一 取締役会長に就任
五代目 武田恒夫 代表取締役に就任
2007年 創業100周年を迎える
2007年 取締役会長 野水慎一逝去
2007年 昭和49年より行っていたトラックスケールをトイレ改修工事に伴い、撤去
2008年 野水慎一会長逝去により、延期されていた100周年記念旅行をお取引様、
社員、社員家族にて沖縄旅行の実施。
100周年を祝う記念祝賀パーティーの開催
2010年 8トン車増車
2011年 相澤製 サーボシャーリング導入 (エコシャーリング)
2011年 コンピューターの更新により、新システムに変更、更なる効率化を図る
2011年 経営コンサルタント導入
2012年 セミオートシャーリング(第七号機) 導入
逆板押えシャーリング(第五号機) 導入
2012年 8.5トン車増車
2013年 旧事務所解体
2013年 4トン車増車
2013年 3階建新社屋落成
新社屋竣工式
竣工パーティー
2015年 スケヤシャーリング(第三号機) 導入
2015年 ハッピーパートナー企業に認定
2017年 イクメン応援宣言企業に認定